登記まにあ:司法書士試験の研究

« 前の10件  |  -

合格発表を受けて

今年の試験は色々とおかしい点が多すぎますね。

人づてに聞いた話ですが、ある受験指導校の先生は「今年の試験は不祥事であり、事故である」とまで講義で発言しているようです。(ものすごく有名な先生です)

当ブログも、全くもって同意見です。

当然、問題となっているのは不動産登記法の記述問題です。

あまりにも杓子定規かつ不公正な採点方法

右欄、「任意売却、白紙」が0点であるにもかかわらず、「白紙、任意売却」、「任意売却、任意売却」、「抹消、任意売却」と書いた答案は、「任意売却」につき配点がされているようです。おそらく6.5点満点で一般的な択一突破者であれば5点以上の得点になっているようです。

「任意売却、任意売却」と任意売却を2件申請するというのは、登記申請としてありえず、こんな答案に配点がされるというのは不公正といわざるを得ません。

また、「権利の登記の抹消は除く」とする注意書きに違反して3欄に「抹消」を書いてしまったがために「たまたま」4欄が枠にはまった答案にも配点がされています。

これはあまりにも杓子定規すぎる採点であり、しかも、この点が、後述する基準点との関係により決定的に合否を分けており、多くの受験者にとって不条理すぎる結果を生んでいます。

恣意的な基準点の設定

今年は記述式の基準は、950位まで(記述突破者992人)でした。

ちなみに昨年度の記述基準点突破者は、1244人でした。択一突破者の約半数のところに記述式の基準点が設定されるというのが、暗黙の了解事項であり、択一の基準点突破者と記述式の基準点突破者の中で、総合得点の勝負となり、上から合格者が決まるというのが、司法書士試験の試験制度でありました。

その結果、例年、いわゆる「総合落ち」する者が250名程度出るのですが、今年は62名のみ。つまり、択一基準点突破者で記述の基準点を越えた者は、ほぼ合格していることになります。これは、択一の高得点者のアドバンテージがほぼないに等しい状態となっていることを意味します。

本来であれば、16.5〜17点あたりを基準点とするのが妥当であったはずなのです。その上で、総合得点での勝負とすべきでした。

基準点の"低さ"が話題となりましたが、基準点はむしろ恣意的に"高く"設定されているのです。

では、どうして、こんな所に基準点を設定したのか。

考えられる理由は、
1、記述の基準点を少しでも引き上げたかった
2、不動産登記の記述0点の合格者を極力出したくなかった
両方の理由があるのでしょうが、2の理由によるところが大であると思われます。

あまりに恣意的であり、不適切な出題を棚に上げたご都合主義であると言わざるを得ません。

問題の不備、不可解な採点方法により「差」を生み出し、恣意的な基準点の設定により不公正に合格者が決定されるような試験であれば、一生懸命に努力を重ね、真剣に試験に臨んでいる受験者があまりにも報われないです。


登記まにあのトップページに戻る

司法書士試験、『最速短期合格に導く7つの勉強法』を確認する。



2008-10-08 | Comment(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成20年度筆記試験合格者発表

昨日、司法書士試験平成20年度筆記試験合格者が発表されました。

まずは、合格された方、おめでとうございます!

残念だった方、ツライと思います。特に今年は理不尽な思いをされている方も多いと思われますが、現実を受け止めて、出来るだけ早く次の行動に繋げてください。


では、簡単にコメントを。
満点262点中189.5点以上

午前の部の試験(多肢択一式問題)については満点105点中84点(28問正解)に,午後の部の試験のうち,多肢択一式問題については満点105点中78点(26問正解)に,記述式問題については満点52点中19.5点に,それぞれ達しない場合は,それだけで不合格とされた。

なんと、記述の基準点は19.5点という前代未聞の低さでした。
試験直後から受験指導校をはじめとした関係者から大批判のあった不動産登記の記述式の問題でしたが、蓋を開けてみると、採点方式も「これは…。」というものでした。

19.5点というのは、不動産登記を白紙で提出して、商業登記だけをじっくり解いて提出しても合格できるということで、実際、今年の合格者で不動産登記の記述0点という人は結構な数存在するものと思われます。

これは国家試験としてどうかと言わざるをえません。
実力のある者を受からせるのが試験だと思うのですが、前提登記を飛ばした者はすべて0点というのは、疑義を持たざるをえません。

細かい情報が入り次第また考えてみたいと思います。

2008-10-02 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

司法書士開業フォーラムが開催されます。

全国青年司法書士協議会(全青司)による「司法書士開業フォーラム 〜司法書士を目指す貴方に伝えたいこと〜」というイベントが全国各地で開催されます。

参加申込は、9月24日から受付が開始されるようです。
詳しくは↓↓
http://www.zssk.org/zenseishi.html


【日程および会場】 
10月14日(火曜日) 午後5時(開場午後1時00分)
東京エレクトロンホール宮城(旧宮城県民会館) 定員100名   
(懇親会会費予定額金2,000円)

10月14日(火曜日) 午後5時(開場午後4時00分)
広島司法書士会館                定員70名
(懇親会会費予定額金2,000円)

10月18日(土曜日)午後1時(受付開始午後0時30分)
日司連ホール                 定員160名
(懇親会会費予定額金5,000円) 
       
10月25日(土曜日)午後1時(受付開始午後0時30分) 
大阪司法書士会館               定員120名
(懇親会会費予定額金3,000円)

11月3日(月曜日・祝日)午後1時(受付開始午後0時30分)
福岡交通センタービル8階大ホール        定員70名
(懇親会会費予定額金3,000円)

11月16日(日曜日)午後1時(受付開始午後0時30分)
愛知県司法書士会館              定員120名
(懇親会会費予定額金3,000円)

banner_04.gif←応援クリックありがとうございます。

タグキーワード
2008-09-22 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"Stay hungry, Stay foolish "

今日は試験とは関係のないお話です。
↓の動画は、アップル創始者、スティーヴ・ジョブズの伝説のスピーチです。
感動します。是非見てください。

その1


その2


banner_04.gif←応援クリックありがとうございます。

タグキーワード
2008-09-13 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配達記録郵便が廃止されます。

配達記録郵便が、11月17日をもって廃止されるそうです。

配達記録郵便(210円)が廃止され、簡易書留が現在の350円から300円に値下げされます。
新設される特定記録郵便では、受領の証明はされないため、配達記録を利用していたケースでは、簡易書留が利用されることになることが考えられるため、実質の値上げになると思われます。


<参考メモ>(wikiより転記)

現金書留 - 現金を郵便で送る場合は現金書留でなければならない。郵便物の引受から配達までの送達過程を記録し(ただし、翌朝10時郵便と新特急郵便を現金書留とした場合は、輸送方法の都合上(当該郵便物が入った郵袋が引受店から配達店まで開封されることがないため)、引受と配達のみしか記録されない。)、損害賠償額の最高額は50万円。賠償額が大きいほど料金が高くなる。最低料金は賠償金額1万円までで420円。さらに+5,000円ごとに10円が加算されていく。現金書留は指定の現金封筒(有料、売価20円)に入れて差し出すのが基本である。現金封筒には通信文の封入も可能。

一般書留 - 現金でない高額の貴重品を送る場合に使われる。郵便物の引受から配達までの送達過程を記録し(ただし、翌朝10時郵便と新特急郵便を一般書留とした場合は、前述の理由により、引受と配達しか記録されない。)、損害賠償額の最高額は500万円。賠償額が大きいほど料金が高くなる。最低料金は賠償金額10万円までで420円。さらに+50,000円ごとに20円が加算されていく。配達証明、引受時刻証明、本人限定受取、特別送達とする場合は一般書留としなくてはならない。

簡易書留 - 郵便物の引受と配達のみを記録し、5万円までの実損額が賠償される。最大賠償額が少ない代わりに、料金が一般書留よりも安い。賠償金額は紛失・毀損の実損額なので一律5万円の賠償が行われるわけではない。料金は350円。

配達記録 - 1995年より取り扱いが開始された郵便実務上における書留の一種。郵便物の引受と配達を記録する点は簡易書留と同じであるが、万一事故などで配達できない場合でも局員の故意または明らかな過失が認められない限り損害賠償を請求できない。追跡サービスが利用できる。料金は210円。ただし、翌朝10時郵便と併用はできない。クレジットカードやキャッシュカード、コンサートチケットなどを確実に届けるために大口顧客による利用が多い。しかし、採算性の悪化によってこの配達記録は廃止認可が申請されており、認可されれば2008年11月17日をもって廃止される。郵便事業会社は、利用者には300円に値下げされる簡易書留や新設される特定記録郵便を代替に利用するようにとしている。

配達証明…一般書留郵便を配達した事実を証明する。料金は300円。(ただし、差出後に配達証明を請求すると料金は420円となり、発送時の受領証が必要となる) 

引受時刻証明…一般書留郵便物を引き受けた時刻を証明する。料金は300円。(一般書留である必要があり、簡易書留では利用不可)

本人限定受取郵便(基本型)…日本郵便が指定する場所に、通知書と本人確認書類を持って取りに行く方法。配達してもらうことは出来ない。料金は100円。

本人限定受取郵便(特例型)…日本郵便から届く通知により、配達ないしは指定された場所に取りに行くかのいずれかを選択できる。主に、インターネットでクレジットカード申込ないし銀行口座開設した場合の本人確認のために利用される。料金は100円。


内容証明とは郵便物の差出日付、差出人、宛先、文書の内容を、特殊会社である郵便事業株式会社(通称: 日本郵便)が謄本により証明する制度である。
従来は、郵便職員はすべて公務員だったので、認証にあたることができたが、郵政民営化にともない民間会社員となったため、現在は、郵便事業株式会社の会社員の中から総務大臣が任命する「郵便認証司」が認証することとなる。
同時に配達証明も利用すると、郵便物が配達された事実の証明および、配達日付の確認が可能である。内容証明を用いるような郵便物は、法的紛争もしくは紛争予防のための証拠とすることを意図されることが多いため、配達証明とすることが一般的である。
内容証明は必ず一般書留扱いとしなければならない。同時に利用できるオプションサービスは、速達、本人限定、引受時刻証明、配達証明、配達日指定、代金引換。
また、電子内容証明を除けば、日本郵便が配達を行う事業所のある郵便局および、日本郵便が指定する一部の郵便局の窓口で差し出さなければならない。ゆうパックを内容証明の対象とすることはできない。

郵便法第17条
現金又は郵便約款の定める貴金属、宝石その他の貴重品を郵便物として差し出すときは、書留の郵便物としなければならない。

書留と類似した特殊取扱に配達記録郵便がある。配達記録は差出時や配達完了時に記録したり必ず対面配達(手渡し)するなど、書留に類似しているが、賠償がないのが最大の違いである。配達記録は書留よりも料金が安いながらも書留と同じような扱い方をされるため、クレジットカードの送付などに広く利用されている。

2008-09-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成20年度「認定考査試験」合格発表

今日は、司法書士試験の平成20年度認定考査の合格発表がありました。
今年は、ド本命の論点だったらしく簡単だったと感じた受験生が多かったと聞きましたが、蓋を開けてみると認定率64.7%と、思ったより厳しい結果でした。
過去7回行われた認定考査の中でも3番目に低い認定率となりました。

平成20年度
考査受験者数(A) 1,446名
認定者数(B)   935名
認定率(B/A) 64.7%


昨年度以前の認定考査のデータを載せておきます。

平成19年度
考査受験者数(A) 1,609名
認定者数(B) 1,148名
認定率(B/A) 71.3%

平成18年度

考査受験者数(A) 1,566名
認定者数(B) 969名
認定率(B/A) 61.9%

平成17年度
考査受験者数(A) 1641名
認定者数(B) 966名
認定率(B/A) 58.9%

平成16年度
考査受験者数(A) 3351名
認定者数(B) 2342名
認定率(B/A) 69.9%

平成15年12月実施
考査受験者数(A) 4402名
認定者数(B)   3413名
認定率(B/A)  77.5%

平成15年6月実施
考査受験者数(A)   3789名
認定者数(B)   2989名
認定率(B/A)   78.9%

banner_04.gif←応援クリックありがとうございます。

タグキーワード
2008-09-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「司法書士 法務アシスト読本〔第7版〕」が出版されています。

司法書士法務アシスト読本 第7版
大崎 晴由
民事法研究会
売り上げランキング: 83422


大崎晴由氏の『司法書士 法務アシスト読本』の第7版が出版されています。
新人司法書士、補助者、必携の実務マニュアルですが、受験生の副読本としてもオススメです。


【目次】
第1章 司法書士はどんな仕事をする人か
第2章 司法書士事務所で働くために
第3章 勉強は何から始めるか
第4章 いろいろな書類の見方、読み方
第5章 書式に収めるプロセスのいろいろ
第6章 いろいろな仕事のここがポイント
第7章 いよいよ本番、登記所の仕事
第8章 こちらも本番、裁判所の仕事
第9章 その他のいろいろな仕事
第10章 新しい司法書士に期待すること

タグキーワード
2008-08-31 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『全訂 不動産登記入門』(清水湛)を入手しました。

不動産登記入門
不動産登記入門
posted with amazlet at 08.08.27
清水 湛
民事法情報センター
売り上げランキング: 220033


元法務省民事局長、清水湛氏が執筆された『全訂 不動産登記入門』が出版されています。

一般の書店ではなかなか入手が困難なのですが、Amazonで注文したものが先日届きました。便利な時代になったものですね。

清水湛さんは『新根抵当法 (1973年)』『手形訴訟法―民事訴訟法の一部改正法の逐条解説 (1964年)』等の有名な書籍を書かれている方です。(当然、両方とも絶版となっており入手困難です。専門書は手に入れられるときに手に入れておかないといけないですね。)

本書は、枇杷田泰助氏、吉野衛氏が執筆されていた同名書籍「不動産登記入門」の改正不動産登記法完全対応版と思われます。

一問一答形式で175項目が解説されています。

専門書ですが、基本事項が平易な表現で説明されているので、初学者の方でも疑問点の解消に辞書的に使えるんじゃないかと思います。
改正不動産登記法で書かれた専門書はまだまだ少ないので貴重な一冊と言えるでしょう。

お手元に是非一冊!

司法学院の山本利明学院長も推薦されていますね。
司法学院HP

↓画像ないですが、Amazonのリンクです。今なら在庫あるみたいですよ。
不動産登記入門
不動産登記入門
posted with amazlet at 08.08.27
清水 湛
民事法情報センター
売り上げランキング: 220033





banner_04.gif←応援クリックありがとうございます。

タグキーワード
2008-08-27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河合保弘さんの講演会に行ってきました。



8月16日の土曜日に河合保弘さんの講演会に行ってきました。会場は早稲田セミナーの高田馬場校です。

テーマは「司法書士オンリーワン戦略〜新時代の法律家・司法書士だからできる!"企業支援業務"の全貌〜」というもの。

大変ためになるお話しをたくさん聞くことができました。

印象に残った話をひとつ。
研修では知らない地域、違うジャンルの人と積極的に交流すべきで、似たようなタイプの人や同じ地域の人ばかりで固まらない方がいい。
ここで培った人脈は一生の財産になる。10年後に地方に行くと、その地域の書士会の会長が知り合いだったりして、そういうのは大変なメリットになる。
河合さんは、大阪以外の人と全員話したそうで、「大阪の人はどうでもいいのか」と言われて、大阪の人から嫌われたとか(笑)

今年の試験で合格されて研修に行く方はぜひ参考にされると良いのでは?

【参考リンク】
LLP経営360°
河合保弘の「だれも言わなかった!経営戦略」

中小企業のための戦略的定款―作成理論と実務
野入 美和子 経営360°
民事法研究会
売り上げランキング: 268003


banner_04.gif←応援クリックありがとうございます。

タグキーワード
2008-08-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【データ】合格点及び基準点の推移

【本試験データ置場】

    合格点  前  後   記述  上乗せ
13年 198.0   (不明)
14年 206.0  27  25  32.5   17.5 択一5.8問分
15年 208.5  28  24  36.0   16.5 択一5.5問分
16年 197.0  26  24  31.5   15.0 択一5.0問分
17年 203.5  29  26  25.5   13.0 択一4.3問分
18年 202.5  27  25  31.5   15.0 択一5.0問分
19年 211.5  28  28  30.0   13.5 択一4.5問分
20年 189.5  28  26  19.5    8.0 択一2.7問分


平成20年度
合格点 189.5点 基準点 午前 84点(28問) 午後 78点(26問)記述18.5点()
合格者数 930点 /

平成19年度
合格点 211.5点 基準点 午前 84点(28問・2771番)午後 84点(28問・2802番)記述 30.0点(1178番)
合格者数  919名 / 31,469名(受験者26,860名) (2.92%(対受験者比3.42%))

平成18年度
合格点 202.5点 基準点 午前 81点(27問・3104番)午後 75点(25問・2637番)記述 31.5点(1120番)
合格者数  914名 / 31,878名(受験者26,278名) (2.95%(対受験者比3.48%))

平成17年度

合格点 203.5点 基準点 午前 87点(29問・3696番)午後 78点(26問・3364番)記述 25.5点(1193番)
合格者数 884名 / 31061名 (2.8%)

平成16年度
合格点 197.0点 基準点 午前 78点(26問・3566番)午後 72点(24問・3264番)記述 31.5点(1172番)
合格者数 865名 / 29958名 (2.9%)

平成15年度

合格点 208.5点 基準点 午前 84点(28問・3022番)午後 72点(24問・3354番)記述 36.0点(1176番)
合格者数 790名 / 28454名 (2.8%)

平成14年度
合格点 206.0点 基準点 午前 81点(27問・3599番)午後 75点(25問・2417番)記述 32.5点(1045番)
合格者数 701名 / 25416名 (2.8%)

平成13年度
合格点 198.0点以上 / 満点259点中
合格者数 623名 / 23190名 (2.7%)

banner_04.gif←応援クリックありがとうございます。

タグキーワード
2008-07-10 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
« 前の10件  |  -
Copyright © 登記まにあ:司法書士試験の研究 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。